読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソザコ仮面のクソザコブログ

一浪自堕落阪大生(予定)による日記兼備忘録兼浪人アドバイスブログ(?)

受験時に使った参考書

浪人の振り返り 日記

暇なので浪人関連の記事をとりあえず少しずつ書いていきます。

リクエストもあったことなので今回は受験時に使った参考書を列挙します。参考になるかは分かりません。

 

あと、センター系は多すぎるので最後にまとめて書きます。

主に阪大志望の文系の人向け(?)の記事です。

 

ただ、主に予備校のテキストを繰り返しやりこんでいたので、自分で買った教材は数えるほどしかないです。

記述に関してはココで挙げられたものより、まずは学校や予備校で貰うものを完璧にしましょう。

 

*なんかAmazonアソシエイト入ってるけどごめんね

英語

世界一わかりやすい 阪大の英語 合格講座 (人気大学過去問シリーズ) 

序盤戦とセンター明けにしかやってないけど...

英作文の項など参考にすると良さそう。

このシリーズは阪大以外の大学・教科でもあったと思うので適宜買っとくといいかも。

僕は中古で買った。

英文解釈教室 改訂版
英文解釈教室 改訂版

英文解釈教室 改訂版

 

オーバーワークだと思うけど、英語がまあまあ出来てもう一歩深めたいってなら参考になるかも。

僕はコレのせいかは分からないけどいっとき英語の偏差値が80弱まで伸びました。(河合模試)

Xカ年シリーズ
阪大の英語20カ年[第5版] (難関校過去問シリーズ)

阪大の英語20カ年[第5版] (難関校過去問シリーズ)

 

このシリーズがある大学を受けるなら傾向を掴むためにもとりあえず買っときましょう。

僕は直前期に解きまくって気持ちを落ち着けるために使用しました。

別に同じ問題が出るわけじゃないしね。

その他
  • やっておきたいシリーズ 300/500/700

1000も私大対策用に買ったけど面倒だったので数題しかやってない。

国立メインならまず1000は要らない。(そうじゃないとこもあるけど阪大はいらん)

300~700は現役時代にやった。解説が充実しているので入試英語の足がかりとして有用だと思う。

国語

得点奪取現代文
得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)

得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)

 

 夏休みにやった。僕は国語とことん無理な人間だったけど気休め程度にはなったと思う。

紹介しといてなんだけど阪大は基本的に設問要求字数がとても多い(200字とかザラだし)ので、現代文は過去問が有用だと思う。

勿論普通の参考書で地力を上げてから挑まないと過去問を浪費することになると思います。

得点奪取古文

得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)

得点奪取古文―記述対策 (河合塾SERIES)

阪大は現代文はアレだけど、古文はオーソドックスな問題だと思うので、この問題集は役に立ちました。

和歌対策は別のやつをやったほうがいいと思う。僕は和歌ノー勉だったので割りと死にました。阿倍仲麻呂

古文上達 基礎編
古文上達 基礎編 読解と演習45

古文上達 基礎編 読解と演習45

 

後々書くつもりだけど僕は高校時代1秒も勉強しなかったような体たらくの人間なので、3月にこれを買って1から古典文法などを叩き込みました。

見開き1ページごとに見開き1ページの問題がくっついてるので知識定着にはちょうどいいと思います。

ただ、内容は超基礎的なので旧帝志望の人には易しすぎかも。僕みたいに初学同然だ~って人にはおすすめだけど。

上級現代文 I
上級現代文 1―国公立入試対策

上級現代文 1―国公立入試対策

 

高校で買わされたやつ。宿題にちょくちょく出されてたみたいだけど勿論やってなかったので浪人時に有効活用した。

採点基準など超細かいので自己採点が捗ります。

ダメ解答のサンプルなども載ってたはず。得点奪取現代文もだけど。

上級入試漢字
上級入試漢字―国公立入試対策

上級入試漢字―国公立入試対策

 

阪大は漢字が得点源なので絶対落とさないようにしましょう。出ない年もあるけど。

僕はセンター明けにコレを買ったんだけど、漢字の美しさに目覚めてしまった。

数学

正直数学に圧倒的に時間を割いたんだけど模試の偏差値こそ上がれど結局最後まで微妙だった。

でも、高2冬の時点でセンターIA30点IIB15点だった状態からまあまあまで持っていけたのでギリギリセーフかも。

一対一シリーズ
1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

 (IだけだけどIAIIBIIIまであります)

初学同然だったが予備校はTテキだったので付いていけなくなると困ると思い3月にIAIIBを一周した。

分からないことも多かったが躓くたびにネットで徹底的に納得するまで調べ尽くした。

チャート式は学校配布で持ってたけど量が多すぎて気が滅入るので最後の方についてた総合演習をたまに暇つぶしにやる程度だった。

あとは新スタ演も持ってたけど予備校テキスト終わらせたあとに苦手分野の数をこなすくらいにしか使用しなかったので載せないでおきます。

 

*正直数学は余程初学とかでなければ予備校の問題集だけで十分だと思う

センター系

思い返すとだいぶセンター対策に時間を使ったことと思う。

本格的な対策は12月中旬からしかしてないけど、春先から寝る前に倫理の教科書を読んだりしていた。

買った教材も大部分がセンター対策系だ。

まあ、阪大法はセンター比率50%なのでセンターを馬鹿にはできないです。良い点数取れれば経済学部に逃げる手もあるし。

数学

センター対策問題集はZ会,河合塾,駿台をやった。東進は評判が悪かったのでやってません。

解決!センター数学IAに関しては、図形分野がとても苦手だったのでその補強のためだけに買いました。易化したので要らなかったけど。

記述でちゃんと対策してる人なら数学はマーク式に少し触れておくだけで十分だと思います。

本番:IA 100 IIB 94

国語

予備校で嫌という程演習したので自分で買ったのはコレだけかな。

第三回くらいから問題本文・選択肢が比較的短いので最新の傾向とは合わないかもしれない

難易度は緑にしては高くないです。

本番:177

英語

  • 河合塾 マーク式総合問題集 英語

リスニングもやりたかったけどCDなくしてしまったので筆記だけ。

難易度低めなので自分で時間制限を厳し目に設定して解いてました。

収録数が確か8回あったのでいっぱい演習できます。

あとは直前期(一週間前とか)に河合塾でもらえるListening Workbookをやりました。

本番:187/46

世界史

世界史ドットコムは予備校のレギュラーでお世話になった先生の教材なのでとくに苦手分野をやりました。(逆アクセスランキングがついててこのブログが表示されててなんか申し訳なかったのでリンク外しました。ググってね)

全部やりたかったけどいつの間にか時間がなくなっていた。

理解のし易さは随一だと思います。

現役時は「決める!センター世界史」を使ってましたが、ハッキリ言ってノー勉と変わらん点数しか取れなかった。

センター試験への道は過去問を分野別にまとめた奴として結構使えますが、右欄解説のウソが多いのでヤバイです。まあ、「は?」と思う奴を探すのも面白いかも。

本番:97

倫理政経

倫理分野は実教出版の倫理の教科書をマーカーまみれにしました。政経は河合テキスト。

政経は結構な頻度で内容が変わると思うので赤本はやってません。倫理はやったけど。

センター試験への道は、政経についてですが、法律改正などで複数正解になってしまう過去の出題等がちゃんと記載されてるので赤本やるよりはオススメ。(まあ僕は中古で古い奴を買ってしまったので意味なかったんですけどね^^;あと、最新版でもそうなっているかは知らないのでちゃんと確認してから買ってくださいね)

本番:90

理科基礎

詰め込みの方は主に予備校テキスト。

生物基礎は暗記、化学基礎は単位イジリゲームなのであんま時間かける意味ないかも。

僕は生物基礎ゴミみたいな点数取ったけど。

試験当日の朝、送迎の車の中で覚えたこと(無極性分子は難溶とか)がそのまま試験の点数に直結したので最も一夜漬けが成功しやすい科目だと思う。ちゃんと勉強するのが一番だけど。

本番:50/41(化/生)

 

センター試験はやればやっただけ伸びると思う。

国語に関しては運ゲーと言われがちですが、古文常識などを詰め込んだ上でちゃんと落ち着いて読む対策をしていれば流石に8割は切ることはないと思います。僕はゴーレムでやられましたけど。

それと、現役生の方はともかく、浪人生であれば予備校を最大限活用するようにしたほうがいいと思います。

自分でテキスト選びから全部やってたら宅浪と変わらんしね。

あと、僕はアホなので全部Amazonで買いました。他の本の中身とか見てないので自分に合ってたかどうかさえ定かではありません。皆さんはちゃんと本屋に行って中身を見てから買いましょう。

まあ、参考書選びに時間使いまくっていたら本末転倒なのである程度割り切って買うことをオススメしますが。

 

ちなみに、センター試験系についてですが、自分はセンター試験対策パックの緑と桃をやりました。

緑(Z会)は、早めに買っておけば特典としてセンターファイナル演習セットというものを無料でもらえます(来年度もあるかは不明)。あとランキングシステムもあるのでオモシロイと思った。難しいのでやるならさっさと終わらせてしまいましょう。

桃はかんたんなので自信をつけるために直前まで取っておくことをおすすめします。

駿台はやってないので知りません。

 

次の記事は浪人の一年を月別に振り返るつもりです。

この記事についてですが、本棚をザラっと見て見当たった奴だけ書いてるので、書き漏らしなどがあれば発見次第追加するかもしれません。